スキンケアの基本:洗顔について

こんにちは、コスメコンシェルジュのmachamiです。コラムへのご訪問有り難うございます。

 

6月は梅雨の季節です。お肌も乾燥→皮脂過多へ変化しがちな季節。

 

今回は洗顔の基本や洗顔料選びについて書かせていただきます。

ほんのひと時おつきあいくださいね。

 

コラム vol.3

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

スキンケアの基本:洗顔について

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

スキンケア化粧品はもちろん、洗顔料も自分の肌に合ったものを選ぶのが大切です。

 

私の場合、Tゾーンは脂っぽく頬や顎はカサつくという混合肌+敏感肌という

ややこしいお顔ですので年中洗顔にも気を使っています^^

 

洗顔料には、昔からある固形石鹸、使いやすく練り状になった

チューブ式の洗顔フォームや泡で出てくるポンプタイプ、酵素などを配合したパウダータイプなど

様々なものがあります。

 

固形石鹸ひとつにしても、透明な石鹸、不透明な石鹸(一般的には白いものが多い)とあり

 

 

透明な石鹸は、枠練りでゆっくりと固めるものが多く

グリセリンを含む天然由来成分や美容成分を多く配合できるため

しっとり感が高く皮脂を取り過ぎないのが特徴です。

 

逆に、不透明な石鹸は、油脂から作られ機械練りが多く

急速で作られるため洗浄力が強くさっぱり感が強い作りが特徴です。

 

チューブタイプの洗顔フォームは泡立ちが良いものが多いですが

界面活性剤を多く含むのでタイプによっては肌にトラブルの出るものも。

 

この界面活性剤とは、簡単にいうと、

油溶性成分と水溶性成分などの混ざりにくいものを混ぜやすく

乳化させることのできる成分。

 

界面活性剤不使用、などという言葉を見かけたり

界面活性剤=悪いもの、というイメージを持たれている方もいるかもしれませんが

 

実は石鹸も界面活性剤の一種。

 

様々な化粧品やボディケア、ヘアケア商品にも含まれていて重要な成分でもあり

種類も天然と合成とあり、その性質が一概に悪いとは言い切れません。

 

洗顔料を何にするかは、自分の肌に合った洗い上がりで選ぶことが大切です。

 

さっぱりしたい→固形石鹸(不透明)

しっとりしたい→固形石鹸(透明)

 

という判断もできますが、現在ではフォームタイプのものでも保湿成分の高いものも

続々と出てきていますので、本当は使ってみて判断されるのが一番良いのです。

 

ただ、化粧品もそうですが、サンプルや小さいお試しサイズがないものもありますよね、

通常のサイズを買って使ってみたら合わなかった、、というのは本当にもったいないこと。

 

そんな際は、やはり

どんな保湿成分が入っているか?

自分の肌に合わない成分が入っていないか?、で判断することが一番なのですが

でも、一般的にはそこまで知っている方も少ないと思います。

 

私がオススメする目安としては、

一般的に肌にトラブルが少ないオーガニック系のものを選ぶこと。

配合成分がなるべく少ないものを選ぶこと。

 

これは実際私がいつも成分を見る目安にしているところなのですが、

成分名にもちょっとした判断できるポイントがあるんです!

 

「〜〜オイル」とか「〜〜種子油」とかであると天然なものが多い。

逆に、「〜〜酸〜〜〜」とか「〜〜〜コール」とかだと合成のものが多いということ。

 

ただ、これが全てではありません、合成のものでも安全性の高いものもありますし、

化粧品の使用感を滑らかにしてくれたり、成分を届けやすくするものもあります。

 

現在も日々新たに開発され続けている成分など、数限りない成分を熟知するのは

コスメコンシェルジュの私でも困難でして。。。

 

。。。化粧品は本当に奥が深く、ある意味、生(なま)物。。。だと感じております。

 

あっ、話がそれてしまいましたが^^;

 

それでは基。

洗顔料の良い悪いにも影響を及ぼしかねない

洗顔方法について、お話ししますね。

 

<敏感肌のコスメコンシェルジュmachamiの洗顔法>

朝バージョン

1、ヘアバンドで髪をしっかり固定する(顔に髪が当たらないように)

2、手を洗う(ハンドソープ)

3、泡だてネットでしっかりと泡立てる

4、泡で顔全体を覆う

5、ゆっくり優しくマッサージするように洗う

6、手の泡を流してから顔の泡をそそぐように流す

7、清潔なタオルで優しく水分を吸い取る(決してこすらないように)

夜バージョン

1、手を洗う(石鹸かボディソープ)

2、アイメイクをメイク落としで落とす(アイメイク(マスカラ・アイシャドウ・眉)のみ)

3、ぬるま湯で素荒いする(ファンデーションがミネラルコスメのため)

顔以外の髪や体を洗う&足のマッサージや湯船に浸かる

4、洗顔石鹸を泡立てネットで泡立てる

5、泡で顔全体を覆う

6、ゆっくり優しくマッサージするように洗う

7、手の泡を流してから顔の泡をそそぐように流す

8、清潔なタオルで優しく水分を吸い取る(決してこすらないように)

という具合です。

 

湯船に浸かってから洗顔すると毛穴が開いて汚れが落ちやすいように思います。

お風呂上がりには水分がすぐに蒸発してしまうので

すぐに化粧水を顔になじませる&ボディクリームでのケアも大切!

 

少しでも皆さまのご参考になれば幸いです。

健やかな洗顔でじめじめ季節を快適に過ごしましょう。

 

インスグラムの方には化粧品に関する

CCp(コスメコンシェルジュポスト)もしておりまして

実際に私の愛用しているコスメも載せていますので

そちらも是非ご覧くださいね。

いいね!やフォローもお待ちしております!

ID:  mtake_design

 

最後までお読みいただき有り難うございます。

 

またのご訪問を心からお待ちしております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

machami